Article

        

GW2011レビュー その6

2011/ 05/ 18
                 
レビューできる段階まで進んでない作品が溜まってきてるので
次の感想記事はしばらく間をおいてから書こうと思います。

次回で最後にしますね。
どれか長編の一つか二つはレビューできるといいんだけど。


NO,3 FRAGMENT

すごく丁寧に作られている表作品の雰囲気を漂わせたデフォ戦RPG。たまには正統派もいいね。
OPのムービーもさることながらマップとかも作り込まれていて完成度はかなり高いと思う。
マップチップはコピペ配置が基本の俺とは真逆だなあ、ハハハ

そんなに長くないし難易度選択もできるので手軽にRPGをやりたい人向け。



NO,8 電波総理POPPO

やる夫とかのAA系は大好物。こういうブラックな作品もvipツクスレ祭りの一つの華だよね。
でも見た目とは裏腹に内容はゲーム性がしっかり組み込まれたシミュレーションゲーム。
途中途中に現れるボスはちゃんと計画たてて内政を行ってないと
勝てないこともあってなかなか油断できない。(救済策はあるけど)
ドクター戦は苦労したなあ。



NO,9 もしも5年前にエターなった作品を完成させたら

五年前って意味が理解できた。

四天王たちが馬鹿やってる頃の雰囲気が漂った、人によっては懐カシスな作品。
四天王たちも最近は立派な上司として描かれることが多いからなあ。
やっぱり最後はおなじみのアレで決まりだよね!

自分で自分のことをウザイというのはウザイというより痛いと思います。



NO,36 顔蔵パズル(一応形になってる版)

ウォーターⅠとフレイムⅢの立ち絵がカワイイ!!

スライドパズルって何回もやってきてるのにどうして慣れないんだろうか。
RTPクリアだけでもだいぶ時間かけちまったぜ。あのオマケの神父はなんなのw

それにしてもモンスター勢の並びが意外だった。五世って雑魚モン扱いだったのかw



NO,39 アレックスとリリアと机のパズル

ゲームセンターCXのDVD特典映像でやってたペンギンのゲームを一瞬思い浮かべたけど
内容は全然別物でした。
でも頭を使うのはこちらも一緒。全部クリアは多分無理だろうなあ。
この作品をヒントにダンジョンの仕掛けとか作れそう。



NO,79 UNNAMED PROJECT 2011

ショウさんに勝てねえーー!!!自動回復がチート過ぎるorz
大好きトルネードが主人公&あかりちゃんがめっちゃカワイイのにクリアできなくてすごく悔しい!!!

雷攻撃を完全ガードできれば先に進めそうなんだけどなあ



NO,85やったーシスグラetc出来たよー!

顔倉がいつもと違うタイプが多くてなんか新鮮。BGMも素敵。

素材集としての役割がメインなんだろうか。ありがたく使わせてもらうぜい!

作者さんにはいっそのこと、この雰囲気で、やるゲでも見るゲでもいいんで
何か新しい作品を作ってもらいたいなあって思いました。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント