Article

        

VIPRPG紅白2017レビュー その1

2018/ 02/ 10
                 
祭りは提出して終わりじゃないんだぜ。遊ぶのが本命なんだズェ
というわけで今回も感想を書いていきます
数をこなせない代わりにSSを使ってスペースを稼いでいくよ
それと今までは作品番号順に載せてたけど
今回はプレイし終わった順に載せていきます




No.43 きばりと奇跡のカレー

レビューSS1

町の人に話しかけながら淡々と進めていく一本道探索ゲー。
町の人の会話文章は名前欄含めて大体カオス。
昔遊んだフリゲの「紡がれるもの」を思い出しました。

変に捻った謎解き要素や探索要素は全くなく
ストレスフリーで最後まで進められます。
道中のパズルで少しだけ足止め喰らったけどこれも別に難しくはないし
救済策もあるようだしマイナスには全くなりません。
ストーリーはギャグの皮をかぶったシリアスと見せかけたギャグといった感じ。
手軽に遊べるとっつきやすい作品でしたね。



No.18 名探偵ぬっくりあ!

レビューSS2

容量の少なさから最初ksgかと思いましたが実際にプレイしてみると
とても丁寧にtkられた推理ゲーでした。容量が少ないのは1話のみだったからなのですね
オブジェクトを調べるとわてりとゴメスの推理が行われるのですが
この推理会話がとてもわかりやすく丁寧
1話だからチュートリアルレベルの難易度だったんだろうけど
完成版もあまり難解にし過ぎずこれくらいの難易度とわかりやすさを
ベースにしてもらえると助かるかな
その方が本作のちびキャラドットの雰囲気にも合ってると個人的には思うッス



No.42 もしも魔王が近衛兵を雇ったら

レビューSS3

これは伝統をリスペクトした良いもしも。
もしもコレクションに感化された点は自分も同じなので
あとがき部屋のコメントには共感する所が多かったです。
各キャラクターの描写をよく考えながら話を作ってるのも伝わってきて好感触。
ぜひ今後もよいもしもをtkり続けてほしいですね~


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

№42は自分も好きですね
確か本スレ投下でもしも困ってる人を見つけたら、という続きを投下されていました。
演出が凄い進化してましたね
以前は沢山tkられてた魔王軍の日常系もしもですが
今は逆に新鮮に感じます。今後の別の祭りでもまた見てみたいですねえ