Article

        

ask.fm(ログ保管) その6

2017/ 02/ 11
                 
まだまだ続くaskのまとめ。なんだか昔流行ってた「〇〇さんに100の質問」状態
質問回答の中には懐かしさや時の流れを感じさせるものがちらほら



Q.ツィッターしないの?

A.やってみようかと思ったことはあるけど日常の呟きもゲストさんとの交流もブログで事足りてたからなあ。
今更やろうとは思いません。ツイッターを始めるとブログが過疎るのは
他の人たちを見ても明らかだしそれは嫌だからね。
一日の訪問者数が10人前後のマイナーなブログでも愛着はあるのです

Q.スカイプは?

ツクールするのに必要かね
少なくともツクスレの一員・黒糖饅頭としてスカイプを使うことはないんじゃないかな
ツイッター同様言いたいことはブログに書けばいいし
こちらから他の方に個人的に連絡をとるようなこともまずないし。
共同製作とかをやるのならまだしも。
現時点でアカウントは持ってないけど、もし利用するならリアルの方での交流向けになるかなあ


Q.最初のデビュー作はどういったものでしょう?

A.2010夏の陣「もしも偽恍惚なる闇がエリー達と一緒に活躍したら」
もしもシリーズにハマってて、自分もtkってみたいなと思い製作を決意。
処女作なので無理に背伸びはせず
自分のツクール技術でちゃんと完成できるオーソドックスなデフォ戦ゲーを選びました

但し普通にデフォ戦ゲーを作っても真新しさがなくて
目の越えたプレイヤーはあまり惹き付けられないと思ったので
キャラの人選で個性をだしてみることにしました。
それで選んだのが偽惚&エリーのコンビというわけです。
まさかこの二人で割りと真面目な内容の長編ゲーを作る奴が現れるなんて
誰も思わなかっただろうな(と心のなかでガッツポーズ)


評価としては、話の内容はともかく
初心者という肩書きに甘えすぎたせいでユーザビリティの点が色々と難アリというものでした

(例1)
ツクスレはksgがメインの場所なので
製作時間の短縮のためにもマップは大まかでいいや

マップ造りが雑な作者というイメージを与えてしまう


(例2)
バグが怖いのでエスケープやダッシュ等は導入しないでおこう

ストレスマッハ


いつかリメイクしようと割りと真面目に検討してたりして


Q.偽恍惚なる闇とエリーに声を当てるならどの声優がいいと思いますか?

A.偽恍惚は中村悠一だね。これはピッタリと思う声優が割りとすぐ浮かんだ
エリーは難しいな…。豊口めぐみ釘宮理恵辺りどうよ


Q.ポケモンとガンダムならどっちが好き?

A.ポケモンかな。ガンダムも好きだけどスパロボ以外じゃ触れることがあまりないし


Q.好きな漫画と嫌いな漫画

A.ジョジョ好きー
嫌いな漫画はそもそも触れないから挙げられないや


Q.スパロボで好きな作品

A.断然α
Fからのグラフィックの進化が凄かったし分岐は豊富だし
ストーリーの緊迫感が終始半端なかったしエヴァやマクロスの原作再現もよかったし
Ace attacker や arrow of destinyのような良BGMにも出会えたし最高!
恋人の好感度をいくら上げてもエンディングは変わらないバグを知ったときは愕然としたけどね…


Q.好きなジブリ映画

A.一番好きなのはラピュタ
ちなみにジブリの最高傑作はもののけ姫だと思ってる


Q.毎回祭参加するのに義務感覚えてしまってる?

A.そう感じてた時期があったのは否めないっす
ツクラーを名乗って活動してるなら作品をつくらないと、ねえ?


Q.おねしょたってどこで知ったの?

A.どこだったかなあ
ネットスラングのようなものだし生活してるうちに自然と身に付いた余計な知識と思われ
…別に俺はおねショタ専ってわけじゃないぞ


Q.手書きの手紙って時代遅れじゃね?

A.でも女の子から手書きの手紙をもらったら嬉しいじゃん?(*´∀`)
時代の流れとか関係なく、手書きの媒体は残り続けると思いますよ


Q.あなたをもしもキャラに例えたら何ですか?

A.兵士Aかな


Q.もし、普通のレスで普通に安価取れたのにスルーされて別の安価選ばれたら腹が立ちますか?

A.いや別に。作る人が決めることだし


Q.あなたの精神コマンドには何がありますか?第3次Z

A.気合・集中・根性・努力・熱血・分析
贔屓目に見てもこんなものじゃないですかね。微妙
サポートしてくれる味方がいればワンチャンあるか…?

Q.嘘を正当化できるのはどんな時?

A.嘘をついた理由や事情次第かな
というか嘘をつくこと自体は悪とは言い切れないと思うの

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント