Article

        

VIPRPG GW祭り2016レビュー ラスト

2016/ 06/ 23
                 
最後は2作品だけなんじゃ。すまぬ
次の祭りのときもまたよろしくお願いします




No.31 ラナのアトリエ エターなるラナ

戦闘バランスの調整、寄り道要素、アイテム収集
どれもそつなく仕上がっていて長編ながらだれることなく
最後まで熱中してプレイできました
特にこの作品で称賛したい部分は段々と引きこまれるストーリーを
きちんと最後までを描いてた点かな。あと演出。
途中でブラックバイソンパートに移ったときは「おっ」と軽く唸りました
こういう別キャラ視点のパートが描かれるのって
物語の盛り上がりを刺激してくれるいいスパイスになるんですよ。FF9なんかいい例
あと脱獄のシーンは軽く鳥肌がたちました。シンシアカッケー!惚れるわ・・・///
シンシアは仲間になるフラグがあったんですね。立てられなかったのが惜しまれる
モンスーン団は顔グラが欲しかったかな。
そしたらもっと愛着が沸いたかも

SS らなあと
最終決戦時のメンバー。悟郎は攻撃&ステアップの補助役で
バイソンがメインアタッカー。偽恍惚がリカバーとクイックシフト係。
外せないラナは最後の方は活躍してたけど中盤は正直使いづらかった(´・_・`)
せめて攻撃魔法を覚えるかボム系のアイテムがもっと強力なら・・・

SS らなあと2

HPと防御が低すぎてボス戦じゃ使えないけど
雑魚狩りではかなりお世話になったミルミさん
7回攻撃とか半端ねー!!


No.47 DOOM SOULS 0 LoD

低難易度だって聞いてたのに・・・嘘つき!
探索型ガンアクションゲー。操作は快適だけど難易度はかなり高め。
回復手段があまりない上に機敏な動きをする敵が多く
あっさりやられちゃう
そこらに出てくる雑魚ゾンビ相手でも苦戦することがしばしば
下手に相手にするより逃げた方がいいのかな
初見殺しも多いです。崖落下と謎の魔法攻撃には唖然としたよ・・・(´・ω・`)

SS Doom

何度も見た画像
メカゴのところにたどり着くだけで精一杯でした
でもサバイバルホラーの雰囲気はすごく出てました。
難しいけどアクションが得意な人にはかなりお勧めできる作品です


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント