Article

        

結論は先送り

2015/ 11/ 21
                 
今月はひょっとしたら今までで一番
ツクールに触れなかった月になるかもしれない。祭り前なのにね

前に完成が厳しくてもエントリーするって言ってたけど
ほぼ100パーセント提出出来ないのが早々にわかってるのにエントリーするのはどうなんだろうか

今までの紅白も散々なことが多かったけど
少なくとも期間内には間に合う可能性は残ってると信じてたから参加してたんだよね
でも今回は全くといっていいほど提出にこぎ着けられるビジョンが浮かばないんだなこれが
体験版方式はやりたくないしなあ。それで満足しちゃう恐れがあるし


うーん…。tktkはこれまで通り一日一会話だけでも制作を進めていくとして
紅白への参加は考え直すかもしれない。代案をこしらえる余裕もないし


連休中にエントリーメールを送ろうと思ってたけど保留にします
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

うーむ、ここ最近の記事見る限り、自己設定作品に固執しすぎてダメになったパターンに似てるかな。
続きを作れずにエターしてそのまま消えていく人達と同じ道に行っちゃってる気がする。
「これtkれないと先に進めない」って思考は停滞を招く原因でもあるし、
エターどころか引退に追い込まれることもあるからその辺は改めた方がいい。

ここは今までと関係ない方向に走ってもいいんじゃないかと思う。
実際、デトックスラジオができているわけだし、他の作品にモチベがあるなら、そっちを済ませた方が停滞感は減るはず。
まずは、停滞した作品のことは一旦忘れて、純粋に自分の今tkってみたいものからtkっていくとか。
いっそ、もしもと関係ないオリジナルで挑んでみるのもいいし。
まだ1ヶ月あるから、1ヶ月でtkれるものでエントリーするのもいい。
その上で、いつか完成させたいものに対して向き合っても遅くはない。

なんか長々となってしまったけど、言いたいのは、
もっと開き直ってもいいんじゃないってこと。
一作品に情熱を注ぐのは構わないけど、注ぎすぎて空回りするんじゃ本末転倒だから。
ここは色んな事を試してみるチャンスと受け取ってやってみては。
Re: タイトルなし
自分がずっと前から危惧していることを大体代弁してますねえ。まさにおっしゃる通りで完全に行き詰まってしまいました
ぶっちゃけた話、夏の陣のデトックスラジオのエターナルの件は半分自虐でやったようなものです
指摘されてることは自分でも理解はしてます。このままじゃ不味いな、と
他のものに手をつけて気を紛れさせてはどうかとのことですが
ダナサ以降デトックスラジオ二回、viprpgカード、パンメロンと
他のものに手を出すのを既にやっていて今の体たらくですからね
完全にスランプをこじらせてますよ

でもこれが初めてってわけでもありませんからね。ダナサの時もめちゃくちゃ苦しみました
創作に携わる以上避けられない壁なんでしょう
停滞を免れられないのはもう諦めましたが気長ーにやっていきます
紅白は厳しいけど息抜きになにかスレに投下しても良いかもね