Article

        

紅白2014レビュー ラスト

2015/ 03/ 17
                 
もう昔の事のように思える程日にちが経ってしまったけど
紅白の感想のラストです。
未プレイの作品がまだたくさん残ってるけどもう3月だしね・・・。
ここで紹介してない面白そうな作品がまだまだたくさんあるので
ぜひプレイしてみてください。
気が向いたら感想掲示板にレスしてあげてね。
10周年に相応しい力作ぞろいの紅白でした。
またどこかの祭りでお会いしましょう。お疲れさま!




No.18 かぎむしのあな

レトロ風な珍しいタイプのパズルゲー。
最初はムシキモイと思ったけど
そんなこと新感覚のパズルに夢中になってすぐにどうでもよくなった
一番評価したい所は操作がすごく快適なこと。
失敗してもウェイト無しですぐリトライできるのもいいね。

答えをじっくり考えるより直感で色んなパターンを
試した方が案外解法をあっさり見つけられるかも。
正解は複数パターンあるようだし。



No.24 アレックスザラッド

あの配役だとタイトル画面のトッシュは
エンリュウじゃなくてゴメスじゃね?

以前の祭りで未完成だったもしも風アークザラッドの完成版。
その未完成版はずっと前にプレイ済みなんだけど
その時「未完成作品をパッチで完成したのを見たことないよ!」みたいなことを
作中で言ってたから正直悪い印象だったんすよ。(過去のレビュー参照)

「諦めんなよ!未完成でもその後ずっとがんばって
最後まで完成させたツクラーは沢山おるんやで!」

と、修造ばりに物申したくなったのを今でも覚えてます
失礼ながら完成版は日の目を見ないだろうなと諦めてました。

しかしそんな悪い印象を吹き飛ばし
今回は最後まで完成させてくれました。
よくやった!あんたはエライ!(何様)
作者さんに敬礼!∠(`・ω・´)ビシッ!


内容に触れるけど
闘技場でブライアン(ポコ)で優勝すると専用アイテムが貰えたり
受付に背後から何回も話しかけると便利アイテムが貰えたり
イベントクリアごとに泉を訪れると最後にきぬのおびが貰えたり
サモン(チョンガラ)が役立たずだったり
ラスボスがメチャクチャ弱かったりと
本家をプレイしたことある人ならならニヤリとする
本家再現の小ネタ、裏ワザがぎっしり。
アークファン(自分も含む)にはたまらんですなあ。

何気に戦闘バランスは本家よりもいいような気もします。
原作には無かったあの場面での敵(ムスカ)の乱入、
夜のトーク等オリジナル要素が盛り込まれてるのもいいですね。

ただしアーク1を知ってるの前提での進行だから
元ネタを知らない人はストーリーに付いていくのは厳しいだろうなあ。
シリアスとおふざけのバランスがどう映るかがちょっと不安。

次はザック主人公でアークⅡ再現になるのかしら
基本システムは流用できそうだけど
完成までは果てしなく長い道のりだぞう・・・



No.36 混沌ノイケニエ

遊ぶときは音量は大きめに設定しましょう。
ホラー的な意味じゃなくてゲーム的な意味で。

状態で顔グラが変わるのは
2人の表情豊かな素材のいい活用の仕方だと思いました。
ただ無駄に屋敷が広い&無駄な扉が多すぎる・・・。
視界を遮られてるのは仕方ないとして
似たり寄ったりの景観で居場所が把握しにくい。
本を全部そろえるのはきつかった・・・。
やっと揃えて次のエリアと思ったらまた物探し・・・。
怨霊たちが現れたら作業を中断させられるので
後半は怖さよりもウザさの方が上回ってました
探索に集中させてくれよ~

ホラーの雰囲気は凄く出てて良かったんだけどね



No.48 デュラハンさんの頭をお持ち帰りする

モブ含むキャラクター達が可愛い。
ヒント&リトライ実装でプレイヤーに優しく、
クリア評価もそこまでシビアな判定じゃない、
さらにパズルの難易度は簡単すぎず、難しすぎずと
総合的にすごく丁寧に作られたパズルゲームです。
どのマップも広さは一緒なので
どんなに難易度の高いマップでも
頑張れば解けるんじゃないか?と思わせてくれます。

・・・実際はそう簡単にはいかないんだけどね(;´`)
全クリには労力が必要。ボリュームも結構あります。



No.81 選択

過去作をいくつかプレイしてるけど
作者さんループネタと言葉遊びが好きだね

これ、評価が二極化しそうな内容だなあ。
全く予想ができない展開の連続。
面白いけどポカーンとなって呆気にとられる場面もしばしば。
お約束を逆手にとったシューリズムコントというかなんというか
例えるならラーメンズやラバーガールのコントを見てる様な気分
「なんで」のゴリ押しワロタ


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント