Article

        

夏の陣2013レビュー ラスト+α

2013/ 09/ 16
                 
ラストレビューはいつもよりやや増量&おまけつきです。
皆さん今年の夏の陣もお疲れサマーでした。



No.08 キマシ塔に登ろう

初期のFFをフロントビューにした感じ。
ボスは若干強めだけどレベルを上げれば大体なんとかなります。
レベル上げと資金稼ぎは割とサクサクできるので
そんなに苦痛ではありません。装備は基本拾うもの。

自分は効率を重視して グリン→黒または白 ナスカ→ナイト で
終始貫いちゃったけど、いろんなジョブを試してみたほうが
ゲームを楽しめると思います。でないと単調になってしまうので。
道中のランダムイベントはもっと種類が欲しかったかな。

この作者さんの作品ではお馴染みの風刺ネタは健在。
そういえばツイッターの騒動とかあったよなー。
最後はなんというゴリ押し・・・
でもストーリーはいい雰囲気で終わって素敵でした。


No.24 サモンの逆襲

ロマサガに近い育成方法。
熟練度の上限っていくつまでなんだろう?その辺もっと詳しく教えてくれれば
育成の計画が立てられるようになってプレイのモチベアップに繋がるんだけど。

でも結局単調なデフォ戦をずっとやっていくだけのゲームだし
全魔法・全技習得目指そうという気にはなかなか・・・ね。
これは長編とかの本格RPG向けのシステムかもしれない。
新技・魔法を習得したときにアナウンスが欲しかったかな。

一応おまけもクリアしたけど本編でのフェイクがあったから
本当にあれで終わりなのか不安になるw
ボスよりも雑魚で出てきた
冷たいパスタとノックアウトの方が怖かったです。


No.26 もしも回復手段を奪われたら

ただのデフォ戦ゲーと思って適当に戦闘をやって
判断を誤ると「詰み」になる可能性があります。
初期HP・MPの数値が高いものだからつい気を抜きやすいのが厄介。

メンバーを途中で交代して被ダメージを分散させるもよし、
ボス戦まで誰かを温存させるもよし、
時には無駄なHP減少を避けるため逃げるもよし。
でもちゃんと資金稼ぎとレベル上げもやっていかないといけない。
計画を立てて先に進むことが攻略のカギになっている、
シミュレーション的要素が含まれた作品です。

1面の段階ではぬるくて正直だるかったんだけど
2面でミノさんと遭遇してパーティのHPがゴリゴリ減らされると
一気に緊張感と面白さが増し増しになりました。

のんびりモードですけど一応三馬鹿の力を借りずにクリアできました。
(なんか三馬鹿が意味深な発言をしてたんで、もしかしてこれは…と
悪い予感がしたので全回復は使わないことにしたのです。
嫌なフラグは立てたくないのだー)

ゴメスは微妙な性能と言われてたけど
自分の場合、アレックスとの2トップ脳筋戦法で大活躍でした。
デイジーさんは回復が無くても頼りになるなあ。
逆にキャロルが・・・。ラスボス戦、不利すぎるでしょ。
しかもザコ戦でも運が悪いとフレイムが全然命中しないものだから
イライラしたもんだ。
代わりにサンダーとアーマーブレスが重宝するヘレンの方が活躍してたかも。
死ぬが良いモードだったらキャロルももっと活躍できたのかなあ。

MPには全然困らなかったので、より緊張感を出すために
MPに制限・縛りをもっと入れてもよかったかも、と思ったけど
それじゃキャロルがますますいらない子になっちゃうか

・・・おや?こんな時間に誰かry


No.34 植えるハーナス

釣れるハーナス
群れるハーナス
フれるハーナス
蒸れるハーナス
揺れるハーナス
ズレるハーナス




あと他に何があるかな
あの不気味なタイトル画面は何なんだー


No.37 LIGHT TOWER

難易度は高いけど、自由度が高くやりこみ要素もやり尽くせないほど多いので
終始飽きずにプレイに熱中できます。
なかなかクリアできず何度もリトライしましたが
プレイするたびに新しい発見があるので
さほど苦痛ではありませんでした。むしろ楽しかった。

ダンジョンがすごく凝ってて、しかも攻略の順番も割と自由にやれて、
さらに攻略の順番次第でイベントが変化する場面もあるので
フリーシナリオ系が好きな人には強くおススメしたいです。

スターライトⅠの他人のからだを奪うという設定を活かした
独特のシステムがおもしろいですね。
また、100以上のキャラそれぞれにちゃんと
性能面で個性を持たせているのはすごい。
大抵こういうのは人数が多くなると似たり寄ったりの性能のキャラが
でてくるものなんだけど。一部の市販ゲーとかでもね。

↓ちなみに自分のプレイで特に活躍してくれた子たち↓


ウィンドⅠ(物理攻撃無効が重宝)
ライフアブソーブ(序盤の魔法攻撃のエース)
ウォーターⅢ(魔力関係ステが高め)
クイックムーブ(間違いなくMVP。ラスボス直前までお世話になりました)
死の支配者(安定したステータス&超便利スキル持ち)



ストーリーは、何と言うか腹パンのように内臓にぐっとくる感じ?
ギャグ調の会話でだいぶ緩和されてるけどね。
エンド3は見てないけど何となく想像はつくので私は遠慮しておきます。

演出、ダンジョン探索、育成、謎解き、クリア後のおまけの充実っぷりetc・・・
とにかく作りこみが半端ない、ハイレベルな秀作でした。
あえて苦言を付け足すならかんたんモードはクリア後じゃなくて
最初から選べるようにしてほしかったことと
からだの強化の制限はもっとゆるくしてほしかったことくらいかな。


No.44 エンマ

悪魔城を彷彿させるファミコンにありそうな
良きアクションゲーム・・・と思ったのに!!
ちゃんとしたやつを遊びてえよおおお!!!!


No.52 I.Q.ETERNAL

なかなか頭を使うパズルゲーム。
現在緑のブロックが登場したところで苦戦中。

難しいんだけど実戦を兼ねたチュートリアルで
徐々に慣れていけるようにしてあるので理不尽さは感じないかな。
パズルゲームスキーな人にはぜひおススメしたい作品。

シフトでの早送り、リトライのしやすさ、ギブアップルートの搭載wなど
プレイヤーへの配慮が親切に為されているのはいいね。
スタイリッシュな雰囲気もグッド。


No.59 とある兵士の風斬り刃

いつぞやのFF2のシステムの人の作品だったんだね。
あれ、結構気に入ってたからエターなったのは残念だなあ。
次に期待ということで。

2つのミニゲームはどちらもシンプルながら
なかなか難しく歯ごたえがあります。
アーディスのはAct回復薬を毎回買わないと駄目みたいだね。
でないと泥棒にやられ続けお金がなかなか貯まらない
&無駄にターンを消費する負のスパイラル。
つーか泥棒を捕まえると肥糧にできるってread meに書いてておくれよ

ゴス子のゲームは自分にはクリアできそうにないッス。
3馬鹿辺りまでは行けるんだけどなあ。
多分戦う相手の順番、のっとりと精気吸収の選択を
ちゃんと計画的にやればいいんだろうけど。

アイスⅢの謎かけ、どれも上手いね。  やるじゃない(ニコッ)
            

(特別編)
ヘタレゲーマーのLIGHT TOWERクリアまでの道のり

◎挑戦1回目 
よくわからず死にまくる。ブラッドウォーターのところで心が折れる。
他の作品を先にやろうということで後回しに。


◎挑戦2回目 
ゲームの仕様を大まかに把握。人間界をなんとか突破・・・とおもいきや
ゴス子に勝てず最初からやり直し。


◎挑戦3回目 
流石に3回目になると最適ルートがわかるようになって
サクサク進めるようになる。(本当に最適かどうかはわかんないけど)
しかしラスボス目前でぬくりあ組が立ちはだかる。
何度も何度もやられ、再挑戦を繰り返し満身創痍ながら突破するも
ずっと連れていたキャラが全滅させられてへこむ。
それでも残りはラスボスのみなのでゴリ押しで先に進むも
ラスボスにまたぬっころされまくる。
現状じゃクリア不可能と判断し
ソウルをたくさん持ってた保険のセーブデータをロードして
ちょっと前からやり直し。

     
◎挑戦3回目その2(実質4回目)
やっぱりぬくりあ組に苦戦。なんとかメンバーを一人だけ残して
ラスボスに再挑戦するもやはりぬっころされまくる。
メンバーを何度も何度もチェンジして挑み、
ついに死の支配者、ブラックバイソン、ダークネスⅢでラスボス撃破!!

でも見れたのはエンド2。納得いかないのでもう一度最初からやり直し。
(周回ではなく本当に最初から)

◎挑戦4回目(実質5回目)
一度はクリアしてるのでこれまでの最短時間でラスボス手前まで到達。
散々苦しめられてきたぬくりあ組を警戒するも
なぜか今度はニュークリアⅢがスキルを使ってこなかったので
誰一人死なさずあっさり撃破。どゆこと?

そしてエンド1を目指してのラスボス戦。
普通に倒せるようにはなったものの
エンド1フラグ成立条件は何度やっても満たすことができず。
やむを得ずメンバーを変えることに。

とにかく最速で勝てるメンバーを試行錯誤した結果
攻撃力が超高いホワイトハウス、全員の攻撃力を上げてくれるダークネスⅢ
おきみやげのスキルを持つシェイドⅢを選択。
この選択が当たって、これまでの最速でラスボス撃破&真のハッピーエンド!!
今度こそ本当にめでてえwwwwwwwwww

light tower
    
でも本音を言うと、ラスボス到達まで頑張ってくれた面子
(死の支配者・クイックムーブ・ウォーターⅢ)でエンド1を見たかったな。
それだけが唯一心残り。

関連記事
スポンサーサイト

            
                                  

コメント