Article

        

真面目に反省の弁とか

2011/ 01/ 31
                 
ここらで自分の紅白を振り返ってみる 反省の意味も込めて


やっぱり完成できなかったのが悔しいよなあ…。
当初の見積もりだと遅くても1月の二週目までには提出できるだろうと踏んでたのに八割完成にすら至らなかったのが実情
1月完成はどう足掻いても無理で、パッチなどのアフターケアのことも考えると2月に持ち越すのは無理

20日ごろに提出を断念することにしました

でも紅白をすごく楽しみにしてたし何かしら参加の証を残したいというワガママが働き、代理の作品を急遽作成開始
そして提出したというわけです
管理人さんの負担のことも考えて、投票期間が終わった後に提出するよう自重はしましたが
(半ば悪乗りで緑化ネタを盛り込んだんだけど正直どうかと思った 遅刻前提のネタなわけだし)
仕事の納期とか宿題提出じゃないので遅刻しようが別にかまわないんですがね
でもやっぱり申し訳なさと無念さがこみ上げてきます
こんな結果にしてしまったことがホントに悔やまれます

多分次に参加する祭りまでこの無念さを引きずることになるでしょう


でもこれで次の目標が定まりました

「そして少年は大人になる」を今年中に完成させることです

そして二度と今回のような実情に合わない無計画な祭り参加をしないように気をつけます


本当に申し訳ありませんでした
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント