Article

        

よしんば私が~

2013/ 03/ 09
                 
ちょっと思うところがあって2011年の夏の陣の運営掲示板を
久々に覗いてみたけど、当時の俺のまあなんつーか必死なことで。
もうあんな無茶なことはしないと誓った春の夜


それで「ちょっと思うところ」についてですが、これは何かというと
「何故毎回祭りでは一人1作品が原則となっているのか」
という疑問です。
2011年夏の陣においてちょっとしたトラブルがありましたけど
その時はこの疑問の解答については特に触れてはいませんでした。
あと、以前緑化委員会の見るゲをtkったときに複数エントリー禁止の件をネタにしてましたけど
実は自分自身、その理由についてはよくわかっていませんでした。

この事について詳細を語っているところが調べた限り見つからなかったので
以下、自分の考え・予想を並べてみます。

まず
・作品のクオリティの維持
・運営側の負担の緩和

この二つはあるでしょうね。
やっぱり祭りとなると皆クオリティ高須な作品を期待していますから。
無謀な複数エントリーで作品のエターナル・完成度の低下を招いてしまうのは
運営側としても防ぎたい筈です。
今思うと2011夏の陣における例の未完成作品の複数投稿は
実はそういうネタとして狙ったものだったのかもしれないけど
少なくとも当時は、残念ながら悪い印象を与えるものでした。
(管理人さんのコメを読む限り、どうも行動に問題があるケースだったようですね)

あと、ネガティブ思考な発想だけど
・ネタでなく、悪意のあるエントリー詐欺乱立の阻止
ですかね。いわゆる嵐な人が、提出する気が全くないのに
運営や祭りへの嫌がらせで~ とかしないとも限らないので。
まあこれはちょっとひねくれた考え方ですが。

他にも色々あるだろうけど一人1作品に限る理由で自分が思い浮かぶのはこれ位。
もしかしたら既に昔の祭りとかでもっと的確な理由が言及されているかもしれません。
その時はスマソ

2012夏の陣では珍しく複数エントリー可になってたけど
あの時は表での騒動という特殊な背景があったからこその処置だったのかな?
この辺は管理人さん本人じゃないとわからないので何とも言えません。



・・・なんでこんな疑問が浮かんだのかというと
実は祭り作品のネタがまた新しく思いついて、
もし複数エントリーができるのなら一度やってみるのも面白そうなのにな~と
ふと思ったもので。あくまで余裕があればの話だけど。

でも上記の理由を考えると、やっぱり一人1作品のルールを守ることって
大事なんだと思いました。
もちろん最終的にはその時その時の管理人さんの判断によりますけどね。
2012夏の陣の例もあったわけだし、
要はそれで祭り全体に差支えがなければいいだけの事であって。
その代わり、運営の負担が増えるなどの
ややリスキーな面があることは認識しておく必要があると思います。







ていうかそんなに複数の作品を一度に公開したいのなら
フツーにスレに投下するか、ZIPに一まとめにするか
クリア後のおまけにするなりしたらええやん!で済んだお話なのでした。チャンチャン♪
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント