Article

        

スーパー告白タイム始まるよ!!!!!(激・長・文!!!!!)

2011/ 10/ 11
                 
コメントの方、なぜ非公開にしたし

やっぱり破門・・・じゃなくて波紋をよんでたーーー!!!!!!!!
つーかまさかこんな状況になるとはユミールの首でも予言できねえよ!!!
いや、それよりも拍手のコメントにビックリだよ!!!!
意外とこのブログ見られてるのかよ!!!!



以下、真面目に↓

            

まずはコメントの方への返信から。

レビューされてたことは本当にうれしかったんですよ。
なにせ大遅刻をやらかしあまつさえ未完成状態で提出したものを最後までプレイしてもらって
さらに評価していただいたんですから。
だからこそあのレビューの仕方が残念で仕方なかった。それで自分のブログに愚痴ったわけです。
ただ「常軌~」はさすがに言い過ぎました。反省します。
(蛇足ですけど、先日のお二方が非公開でコメントしてることであのレビューは何だったのかをお察しください)


次にネタバレの件ですが、どうやらとんでもないことになってしまったようで。
過去のブログ記事でも何度か書いてるのですが、もうこの際思いを全てぶちまけます。

まず「偽惚エリー」なんですがこの作品を「もしもダー惚×3」のネタバレ作品と扱うのはやめていただきたい。
「もしもダー惚×3」は自分がPIAI専だったころ、
祭り作品を漁っててたまたま見つけてプレイした作品で
主人公の悲しい境遇、そのことが判明して彼に気遣う仲間たち、そして救済エンドという
自分のPIAI作品の中でもすごく心の中に残ったものだったんです。
だからそのあと「偽恍惚なる闇」というキャラを発見した時はすごく嬉しかった。
「あー、ナイ軍エンドが正史になったんだ。よかったー」って。(正史というのは変な言い方ですが)

そんな過程でお気に入りキャラになった偽惚さん。
でもまだ出番少ない・・・活躍してるところみたいのに・・・。
よし、そろそろ自分もツクスレデビューしようと思ってたところだし彼を主役にした作品をtkろう!
そんでもって思いっきり活躍してもらおう。そしてナイ軍で幸せに過ごしている様子を描こう!
そして製作したのが「もしも偽恍惚なる闇がエリー達と一緒に活躍したら」なんです。

この作品には偽惚を含むもしもキャラたちへの愛(きめえとか言うな!!)、
そして「もしもダー惚が・・・×3」という作品、作者様へのリスペクトを
自分のつたないtktkスキルをフル活用して最大限詰め込んだ作品なんですよ。

ネタバレしてしまったことで作者様がホントは傷ついてたのなら、もう自分には弁護の余地もありません。
でも自分は好意的に解釈してました。

「カー君のお掃除大作戦」で作者様の夏の陣電撃参戦、
しかもメンツは偽惚、エリー、ディナックス、HAPIという
誰がどう見ても偽惚エリーのSSを意識したメンツ!

めちゃめちゃ嬉しかった。感激した。しかも作者部屋で自分の作品に触れててとにかく舞い上がってた。
だから「勝手に続編tkっちゃったけど原作者様は認めてくれたんだ!!」って勝手に好意的に解釈してた。


でも申し訳なさもずっと引きずってた。

今回のレビューの件でややこしくなってしまったけどネタバレの件とは一切関係ありません
だってレビューでのネタバレとリスペクトして設定を引用したネタバレは全然違うでしょ。
繰り返しますが偽惚エリーを「もしもダー惚×3」のネタバレ作品と扱うのはやめてくださいな。マジで。

え?じゃあなんで自分で「ネタバレ~」だなんて書いたか、だって?
あれはレビューの一件で

「俺、ネタバレのことぼやいちゃったけど自分も偽惚エリーで設定まるまる引用してじゃないか。
 これはネタバレじゃないの?」

っていう考えがふとよぎったからなんだよ!!すぐ振り払ったけどな!!
というかネタバレうんぬんは本筋じゃなくて
自分が原作者に一番申し訳なく思っていたのは↓です。


「勝手に続編tkっちゃったけど原作者さん本当は
tkりたい続編があったんじゃないか?それを邪魔してしまったんじゃないか?」



↑これです。これが一番の悩みでした。ずっと悩んできた。

何年か忘れたけどGW祭りサイトだったと思います。たまたま見つけて驚愕しました
原作者さんが改名して「もしもダー惚が×3」の続編をtkってらっしゃったことを自分は知らなかった

この時点で偽惚エリーの完成度は約8割・・・

「どうしよう・・・コレ・・・エントリーしちゃったぞ・・・」

「でも初めての作品だしここまで本格的につくったのを今更・・・約半年もかかってるし・・・」

「・・・」


「自分のはあくまで他人がtkったものなんだし外伝的にでもとらえてもらえば・・・
 もしも設定って自由だし・・・他の人がtkった続編の例なら過去にもあったようだし・・・」

こんな感じでのツクスレデビュー。正直気まずかった。
だからこそ「カー君お掃除」の存在に助けられた。認められたんだと。


でもこれは所詮都合のいい自分勝手な解釈。本音はどうだったかわからない。
「続編勝手にtkるなよ!!」なんて言ったら
VIPツクスレの「なんでもおk」のルールに反するわけだし言えるわけがない。
ここが自分の卑怯なところです。「なんでもおk」の言葉を免罪符にしてきたのだから


「なんでもおkがルールとはいえ、やっちゃいけないこともあるはずだろ。
 お前のやった行為はどうなんだ?」



この答えはいまだに出てません。原作者様のみぞ知るです。
その答えを伺おうなんて思いません。
きっと「いいよ」って言ってくださるんでしょうけどその答えを聞いても
自分が作者さんを差し置いて勝手に続編tkっちゃったのは事実なんだからずっと悩み続けると思います。
第一伺おうなんてしたら迷惑になるだけだし


どうあがいても自分は「他者様の作品の続編を勝手に作ったツクラー」なんです。


こんな感じですから常にネガティブ思考です。自虐的にもなります。
偽惚エリーはネタバレ作品なんかじゃないとわかっていてもふとマイナス思考がよぎります。


コメントの方。筋を通したら、とのことですが、自分にできるのは

・原作者様へのリスペクトをこれからも忘れない

・勝手にとはいえ続編としてtkった以上偽惚エリーを絶対に貶めるような真似はしない

これをこれからも貫き通すくらいしかできません。


原作者様、先日のブログの記事で不快な思いをさせたのなら本当に申し訳ありませんでした。
言い訳のように何度も繰り返しますが今回のレビューのネタバレと
偽惚エリーでの設定引用によるネタバレは全然別物です。
第一、偽惚エリーはネタバレ作品なんかじゃありません。
自分の、偽惚さんたちと原作への思いをフルに物故んだ作品なんです。


不快にさせたのは事実なわけですからばっさり切り捨ててくださってかまいません。
でも自分はこれからもあなた様のことを自分のツクスレデビューのきっかけになった
もっとも尊敬する雲の上のようなツクラーさんとして勝手に一方的に引き続きリスペクトしていきます。
迷惑この上ないでしょうけど














もうこの辺りでかんべんしてくだしゃい>< これ以上はご本人様に迷惑だ。


ええい、エラーで二度も同じ文章を打つことになっちまった。FC2のバカーーー!!!!
あと、某感想掲示板を荒らした奴はマミさんのティロ・フィナーレを受けるといいよ

関連記事
スポンサーサイト

            
                                  

コメント