Article

        

たまにはキャラ&設定について語ってみるテスト

2011/ 06/ 09
                 
ツクスレ関係のツイッター見てるとき、あるいは本スレのksgをプレイしてるときに
ダーク闇子が出てくるとつい熱心にツイート文や作中の文を読んでしまう。
もちろんよく愛用してるキャラ(多分偽惚の次くらいに)だからってのもあるんだけど、
ダーク闇子の場合自分の作品の設定が使われてることが多いからね。


ダーク闇子自体は偽惚エリーを公開するずっと前から存在してたキャラなんだけど、
知名度は今以上に皆無だったもんなあ。
せいぜいダー惚の女体化くらいの認識?自分もそうだった。


そんなドマイナーキャラだったからこそ
偽惚の妹なんてある意味大冒険な設定を盛りこむことができたわけだけど…。


ただ、その設定を考えたときはぶっちゃけ使い捨て設定程度の認識だった。
エビス丸が実は女だったとか、銭形のとっつぁんに娘がいたとか、
そんな一作品のみの設定。

その後の戦の神ゲーでダーク闇子を偽惚の妹設定で登場させたのも、
偽惚エリーで形成された脳内設定を引用したほうが
手っ取り早く次の作品が作れるからってだけで。

要するに当初はその使い捨て設定を
今みたいに愛用することになろうとは思ってもいなかったってこと。
そして自分以外にこの設定で作る人なんていないだろうと思っていた。


ところが他者様の作品でもちらほらダーク闇子が登場するようになって、
同時に偽惚エリーの設定がよく引用されてるのを見かけるようになった。
最近だと「エオレーヌ」っていう作品がそう。


自作品が思いの外いろんな人にプレイされてるんだなあってのを実感したし、
そして作品の影響力というものも同時に感じた。
もちろんツクラーとしてすごく嬉しいよ。


たまに本スレでも話題になる設定談義だけど
やっぱり設定ってのは作品を通じて浸透していくものなんだと思う。
「設定語るなら作品で語れ!」ってやつですね。
別に設定を広めるために作品作りしてるわけじゃないんだけど。
そんな動機で作ってもツクールは面白くないだろうし。


でもたまにそういう動機メインで作られているかと思われる作品を
ちらほら見かけるんだよなぁ。いわゆるキャラプッシュってやつ。

別に内容が良ければプレイする側はそれでも構わないけどね。内容が良ければ。
なんかエラそうな物言いになったけどゴメンしゃい



とにかく今後ダーク闇子がどういう扱われ方をされていくか、
全く予想できないけど興味津々です。
別に生みの親面して自分の脳内設定を押し付けたりはしないけど(つーか生みの親じゃない)
やっぱり気になっちゃうな。


しかしダーク闇子を一番最初に考えた人は今の現状をどう思っているんだろうか…?
内心複雑だったりするのかな。「こんなキャラにするつもりじゃなかったのに…」みたいな。



といっても気にせず俺設定でtkっちゃうんスけどねw
そんな事を考えたらキリがないし、気にする事自体ナンセンスだと思ってる。
自分、処女作からこんな感じでしたから。これからもこのスタイルでtktkしていきます。




それにしてもダーク闇子と言えば、あの顔倉の可愛さは異常。
あれは反則級だろ、常識的に考えて…(^^)
そういえばアクション矛倉も作られてたっけ。種類がすんごく豊富なやつ。

何気に素材屋さんに恵まれているダー子ちゃんの
今後の活躍にご期待ください!ヾ(´ω`=´ω`)ノ







…ん?お前はダーク闇子が活躍する作品をもっとtkらないのかって?




……………………………………………………。



まあ、そのうちに…ゴニョゴニョ…。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント