FC2ブログ
2013/09/28(土)21:16
やっぱ田中敦子ボイスええわ~(ジョジョのリサリサの声の人ね)
スパロボ・スーパーヒーロー作戦のヴィレッタ大尉で惚れたけど
他の作品でもこの声のキャラはなんか好きになっちゃう


ジョジョASBの残る追加キャラはアナスイ、ヴァニラ、バオー。
この中じゃアナスイが一番うれしいかな。
追加キャラのDLC半額キャンペーンが延長になったのは喜ばしいんだけど
なんだか世間的にはすっかり冷めちゃったよなあ
どうしてこうなった

まあそれなりに楽しんでますけどね。
自分の腕じゃ全キャラ解放まで時間がかかりそうだけど
コツコツやっていきます。
キャンペーンモードはやる気がおきないけど。
でもそのキャンペーンモードがメインのゲームってね
つーか前情報じゃ全然聞かなかったのにオン前提な作りなのはどうなのよ
起動するごとにネットワーク通信の確認があるのが地味にウザイ


完全体カーズに勝てねえ・・・。
ストーリー順に進めてるけどプッチや大統領解放まで
どれだけ時間がかかることやら
早くメイドインヘブンの効果を体感したいな
スポンサーサイト
2013/09/24(火)23:27
世間がモンハンで盛り上がってる最中
わたしはVCのマリオ3をやっているのであった。

今年の1月にダウンロードして、今日やっとクリアしました。
長かったなあ・・・。


マリオ3はアドバンス版で既にクリア済みなので
(ちなみにアドバンス版はセーブ機能があるので本家よりヌルかったりする)
以下の制限をつけてクリアを目指しました。


・笛を使ってのワープはしない
・必ず各面の全ステージをクリアする




◎1回目のチャレンジ
マリオ3 1回目失敗

8面で力尽きる。

◎2回目のチャレンジ
マリオ3 2回目失敗

見事に使えないアイテムだらけですなあ
これも失敗。やっぱ8面はラストなだけあって残機の減り具合が違いますわ

◎3回目のチャレンジ

今度は無限アップを使い万全を期して挑むことに
マリオ3 無限アップ

1回目も2回目も8面に到達したころにはアイテムがなくなっていたので
できるだけアイテムを節約し、特にP羽は8面まで使わずに取っておくことに。
順調に進んでいき残機を約80残して8面到達!

と、ここでプレイへの制限に新たな項目を追加


・笛を使ってのワープはしない
・必ず各面の全ステージをクリアする
・P羽使用禁止 ←NEW!



P羽を使うとホント楽勝になっちゃうんだよね。
せっかくここまでPを一切使わず来たのだし、もう最後まで使わないでおこうと決めて
いざ難関8面へ3度目の挑戦

マリオ3 ラスボス間近

30機近く費やしたけどついにここまで来たぞ

そして10機ほど費やしてついに・・・!

マリオ3 クッパ撃破

ヤッター
本当はクッパと戦ってるところを映したかったけど
とてもそんな余裕はなかったので事後の写真です。

クッパ城って複数の通路があったんだね。
しかも通った経路によってクッパ戦のときの落とし穴の幅が変わるみたい
過去にクリアしてたのにこのことを今日初めて知ったよ

マリオ3 エンディング
マリオ3 結果

いやー、やっぱマリオは面白いね。早くSFCのマリオも3DSのVCにカモン

2013/09/20(金)21:52
NO,19 ぶむ探訪

ぶむ探訪1

2013夏の陣提出作品。今まで作ってきた作品の中でもかなりの異色作。
作者自身ブームくんの作品が大好きで、いつか自分でもtkってみたいと
前からずっと思っていたので今回チャレンジしてみました。

ただ、感想掲示板でも言われていたけど
ブームくんの作品って確かに同じようなのが多くて(悪く言うとワンパターン)
醤油シリーズが流行った時のように、プレイヤー側も
今更プレイしても新鮮味がないだろうなという懸念は当然ありました。
かといって奇をてらって変わったものをtkっても
余程のセンスがないとスベるのが関の山。
(例の四次元殺法コンビAAが指摘してるようにね)

過去のブームくんゲーの模倣に留まらせず、なおかつ「ブームくんらしさ」を
失わせないよう注意を払ってtktkしました。

ぶむ探訪2

タイトルの「ぶむ探訪」の由来は
「知恵の神を主役にして『ちえ散歩』なんてどうよ」
と名前だけ考えていた、まだtkってもいない、
本当にtkるかどうかもわからない作品のタイトルのセルフパロです。

一応極上のコーラを探し求めるお話なのでタイトルに偽りはない・・・はず。


ちょうど夏の陣の手前にフラッシュムービーとキン肉マンにハマってた時期があったので
その辺りからネタをかなり拝借してます。(第3話はほとんどキン肉マンネタ)

あとは

ブームくんといえばコーラ


そういえばダークネスⅠって

コーラに似てるよな



ダークネスⅠ=コーラの具現化ってテーマで何かtkれそう


偽惚エリーでブームくんを登場させたとき
ウォーター3姉妹の生成する水でおいしいコーラを作るっていうイベントがあったから
それを使いまわ…再利用しようか



と、こんな感じでネタ出しをしていきました。

ぶむ探訪3


前からずっと使いたいと思ってたけどなかなか機会を得られなかった
ヒールⅠとヒールⅡを今回やっと起用できたのは良かったですね。
ダークネスⅠも同様に初めて起用したんですけど
実は彼女は他の作品での登場も考えていて(内容は割と真面目なお話)
そっちの方を先に作ってからにしたかったんですけど、まあ仕方ないです。
彼女がいないと話がまとまらなかっただろうし。

ぶむ探訪4

全4話&OP+EDの構成ですが実は時間の関係で削った要素がたくさんあります。
フラッシュパロの他にもアニメのOP&EDパロや
ブームくんのAAネタを盛り込んだおまけ話、一発ネタ等色々考えていたんですけど
それはまた別の機会に・・・ということで。もっと時間があればなあ


でもあの制作期間にしては頑張った方じゃないですかね。
7月末になってボスバトルを盛り込もうと突然決めたときは
締め切りはもう目前なのに、我ながら無茶するなあと先のことを心配しましたけど。
よく間に合ったもんだ。自分で自分を誉めちゃおうwww

ぶむ探訪5


ちなみに某飲料に関してですけど
自分の飲んだ感想は作中の誰かにそのまんま言わせてます

誰のどのセリフなのかは内緒
2013/09/18(水)19:23
ちょっとだけ更新終了の期限が伸びたようですけど
ひとまず今年の夏の陣はお終いということで。

最近は専ら祭り専ツクラーになっているので
祭りが終わったら自分の活動なんて地味なもんです。
今年はGWと夏の陣の2作しか公開してないんだよなあ。
スレには全然投下してないし・・・
あ、いつだったかファイルを漁ってるときにたまたま見つけた
赤さんの素材は投下したけどそれ位なもんか。

去年からずっとtkってる作品は相変わらず難航してるし、
それを完成させないととても本スレ投下なんてできそうにないから
今年はもう紅白用のを合わせて3つtkって終わりかなあ。

その3つ目はぜーんぜん締め切りに間に合う気がしないけどね。
とりあえず10月の段階での進行状況を見て紅白をどうするか
判断しようと思います。間に合いそうになかったら参加見送りも視野に入れて。
遅刻提出は過去に嫌な思いをしたのであんまりやりたくねっす



今はだいぶ落ち着いたけど祭り期間中の
ブログ訪問者数の伸びは凄かったなあ。40を超えた日もあったし。
つーか「viprpg夏の陣2013」で検索すると
本営関連のサイトの次にこのブログがヒットするんだね。
以前と比べて平均訪問者数は増えてるし、徐々に認知度が高まってるのかしらん
こりゃうかつなことは書けませんなあ





水Ⅲに○○○○されたいし●●●●したい
2013/09/16(月)17:20
ラストレビューはいつもよりやや増量&おまけつきです。
皆さん今年の夏の陣もお疲れサマーでした。



No.08 キマシ塔に登ろう

初期のFFをフロントビューにした感じ。
ボスは若干強めだけどレベルを上げれば大体なんとかなります。
レベル上げと資金稼ぎは割とサクサクできるので
そんなに苦痛ではありません。装備は基本拾うもの。

自分は効率を重視して グリン→黒または白 ナスカ→ナイト で
終始貫いちゃったけど、いろんなジョブを試してみたほうが
ゲームを楽しめると思います。でないと単調になってしまうので。
道中のランダムイベントはもっと種類が欲しかったかな。

この作者さんの作品ではお馴染みの風刺ネタは健在。
そういえばツイッターの騒動とかあったよなー。
最後はなんというゴリ押し・・・
でもストーリーはいい雰囲気で終わって素敵でした。


No.24 サモンの逆襲

ロマサガに近い育成方法。
熟練度の上限っていくつまでなんだろう?その辺もっと詳しく教えてくれれば
育成の計画が立てられるようになってプレイのモチベアップに繋がるんだけど。

でも結局単調なデフォ戦をずっとやっていくだけのゲームだし
全魔法・全技習得目指そうという気にはなかなか・・・ね。
これは長編とかの本格RPG向けのシステムかもしれない。
新技・魔法を習得したときにアナウンスが欲しかったかな。

一応おまけもクリアしたけど本編でのフェイクがあったから
本当にあれで終わりなのか不安になるw
ボスよりも雑魚で出てきた
冷たいパスタとノックアウトの方が怖かったです。


No.26 もしも回復手段を奪われたら

ただのデフォ戦ゲーと思って適当に戦闘をやって
判断を誤ると「詰み」になる可能性があります。
初期HP・MPの数値が高いものだからつい気を抜きやすいのが厄介。

メンバーを途中で交代して被ダメージを分散させるもよし、
ボス戦まで誰かを温存させるもよし、
時には無駄なHP減少を避けるため逃げるもよし。
でもちゃんと資金稼ぎとレベル上げもやっていかないといけない。
計画を立てて先に進むことが攻略のカギになっている、
シミュレーション的要素が含まれた作品です。

1面の段階ではぬるくて正直だるかったんだけど
2面でミノさんと遭遇してパーティのHPがゴリゴリ減らされると
一気に緊張感と面白さが増し増しになりました。

のんびりモードですけど一応三馬鹿の力を借りずにクリアできました。
(なんか三馬鹿が意味深な発言をしてたんで、もしかしてこれは…と
悪い予感がしたので全回復は使わないことにしたのです。
嫌なフラグは立てたくないのだー)

ゴメスは微妙な性能と言われてたけど
自分の場合、アレックスとの2トップ脳筋戦法で大活躍でした。
デイジーさんは回復が無くても頼りになるなあ。
逆にキャロルが・・・。ラスボス戦、不利すぎるでしょ。
しかもザコ戦でも運が悪いとフレイムが全然命中しないものだから
イライラしたもんだ。
代わりにサンダーとアーマーブレスが重宝するヘレンの方が活躍してたかも。
死ぬが良いモードだったらキャロルももっと活躍できたのかなあ。

MPには全然困らなかったので、より緊張感を出すために
MPに制限・縛りをもっと入れてもよかったかも、と思ったけど
それじゃキャロルがますますいらない子になっちゃうか

・・・おや?こんな時間に誰かry


No.34 植えるハーナス

釣れるハーナス
群れるハーナス
フれるハーナス
蒸れるハーナス
揺れるハーナス
ズレるハーナス




あと他に何があるかな
あの不気味なタイトル画面は何なんだー


No.37 LIGHT TOWER

難易度は高いけど、自由度が高くやりこみ要素もやり尽くせないほど多いので
終始飽きずにプレイに熱中できます。
なかなかクリアできず何度もリトライしましたが
プレイするたびに新しい発見があるので
さほど苦痛ではありませんでした。むしろ楽しかった。

ダンジョンがすごく凝ってて、しかも攻略の順番も割と自由にやれて、
さらに攻略の順番次第でイベントが変化する場面もあるので
フリーシナリオ系が好きな人には強くおススメしたいです。

スターライトⅠの他人のからだを奪うという設定を活かした
独特のシステムがおもしろいですね。
また、100以上のキャラそれぞれにちゃんと
性能面で個性を持たせているのはすごい。
大抵こういうのは人数が多くなると似たり寄ったりの性能のキャラが
でてくるものなんだけど。一部の市販ゲーとかでもね。

↓ちなみに自分のプレイで特に活躍してくれた子たち↓


ウィンドⅠ(物理攻撃無効が重宝)
ライフアブソーブ(序盤の魔法攻撃のエース)
ウォーターⅢ(魔力関係ステが高め)
クイックムーブ(間違いなくMVP。ラスボス直前までお世話になりました)
死の支配者(安定したステータス&超便利スキル持ち)



ストーリーは、何と言うか腹パンのように内臓にぐっとくる感じ?
ギャグ調の会話でだいぶ緩和されてるけどね。
エンド3は見てないけど何となく想像はつくので私は遠慮しておきます。

演出、ダンジョン探索、育成、謎解き、クリア後のおまけの充実っぷりetc・・・
とにかく作りこみが半端ない、ハイレベルな秀作でした。
あえて苦言を付け足すならかんたんモードはクリア後じゃなくて
最初から選べるようにしてほしかったことと
からだの強化の制限はもっとゆるくしてほしかったことくらいかな。


No.44 エンマ

悪魔城を彷彿させるファミコンにありそうな
良きアクションゲーム・・・と思ったのに!!
ちゃんとしたやつを遊びてえよおおお!!!!


No.52 I.Q.ETERNAL

なかなか頭を使うパズルゲーム。
現在緑のブロックが登場したところで苦戦中。

難しいんだけど実戦を兼ねたチュートリアルで
徐々に慣れていけるようにしてあるので理不尽さは感じないかな。
パズルゲームスキーな人にはぜひおススメしたい作品。

シフトでの早送り、リトライのしやすさ、ギブアップルートの搭載wなど
プレイヤーへの配慮が親切に為されているのはいいね。
スタイリッシュな雰囲気もグッド。


No.59 とある兵士の風斬り刃

いつぞやのFF2のシステムの人の作品だったんだね。
あれ、結構気に入ってたからエターなったのは残念だなあ。
次に期待ということで。

2つのミニゲームはどちらもシンプルながら
なかなか難しく歯ごたえがあります。
アーディスのはAct回復薬を毎回買わないと駄目みたいだね。
でないと泥棒にやられ続けお金がなかなか貯まらない
&無駄にターンを消費する負のスパイラル。
つーか泥棒を捕まえると肥糧にできるってread meに書いてておくれよ

ゴス子のゲームは自分にはクリアできそうにないッス。
3馬鹿辺りまでは行けるんだけどなあ。
多分戦う相手の順番、のっとりと精気吸収の選択を
ちゃんと計画的にやればいいんだろうけど。

アイスⅢの謎かけ、どれも上手いね。  やるじゃない(ニコッ)
[夏の陣2013レビュー ラスト+α]の続きを読む
プロフィール

ろんど弐式(黒糖饅頭)

Author:ろんど弐式(黒糖饅頭)
VIPRPGツクラーやってます。
Twitter→

カウンター

カテゴリ
リンク

最新記事
最近のコメント
 カレンダー

<< 09
2013
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  01 

Copyright © しゅわっちゃ! All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」