FC2ブログ
2018/05/07(月)21:32
基本は自分の参加した祭りでしかレビューはしないのですが
レビューのリクエストをいただきましたし
エタルマンと化した自分に喝をいれる意味も込めて
少しだけですがGWのレビューをしていきたいと思います
ツクラーだけでなくプレイヤーも祭りの参加者だって過去の自分が言ってた




No.15 マクドナルドをかけられたマクド

2018 マクド

基本はテンプレに沿った醤油ゲー
醤油は過去に幾つもtkられていて飽きるほどプレイしてるんだけど
久々のプレイで色々懐かしいネタも散りばめられていたので
何だか新鮮に感じました
音声素材を用意する気力があれば
醤油ゲーはこれから先も新しいものが生み出されていきそうですね


No.08 もしもリリアが志半ばで斃れたら

2018 リリア

唐突なくもじいに吹いたけど内容は真面目で切ない物語です
死んでしまったリリアが生き返るために
仲間たちの「リリアに関する思い出」を回収していくわけだけど
それにはとんでもない落とし穴があって・・・
2011GWの「勇者失職~もしもリリアがクビになったら~」もそうだけど
リリア主人公の短編ゲーは話がよく練られた良作が結構多いイメージがあります。

Gのことはすっかり忘れてました・・・。
最後の死神五世のは女体化すれば少しは絵面がマシになったんじゃないですかねw


No.11 ゆうれいとか4つの短編

2018 ゆうれい

ブーム君のひとりかくれんぼの衝撃のせいか
全体的にダークな雰囲気なのが多かった印象でした
ブーム君以外の話も廃墟探索と死霊ゲーだったし

ひとりかくれんぼはイヤホンをつけてPIAIしてたので
なかなかスリリングな気分を味わえました。
追跡を隠れてやり過ごす場面とか演出が凝ってます
夏祭りの方に出しても良かったかも

スポンサーサイト
2018/03/06(火)23:51
突然更新が止まったけど7年以上もブログを続けてたら別に珍しくないですね
それでは最後のレビューいってみよー




No.32 お使いのツクールは正常です

レビューSS15 3

もうこれが優勝でいいんじゃないかな
まさに技術の無駄使いな最高で最低なMV製ksg
かなしみの~で持ってかれてサガフロ連携で完全にやられたwwwクッソwww
そうそうこういうのがいいんだよww
大当たりな爆笑ksgでした

やきう民やけもフレ、ユーチューバー等々
比較的最近のネタでMVの新世代らしさを感じさせる一方で
スーパードンキーコング等の2000世代お馴染みなネタや素材も満載

アルバートオデッセイとかどれだけの人が気づいたんだろうか


レビューSS15

ツクールでRTAゆっくり実況再現って絶対普通に動画作るより難しいでしょ
手の込んだことをしなさる



No.29 顔

レビューSS13

ジャンル名と作者コメントで重苦しいストーリーなのかと身構えたけど
実際にプレイしてみるとそこまで鬱さは無かったです。
プレイ時間は短くバイソンの独り視点で完結しちゃったもので
内容の考察よりも「え、終わり?」という感想が真っ先に出ちゃった
てっきりメロドラマよろしくバイソンミントサイの
ドロドロした三角関係が描かれるのかと思ったらそんなことなかったぜ
続きのストーリーが描けそうな終わり方ではあったので
もしかしたら続編があるのかも

媚薬なら喜んで受け取りそうな人が玉露には居たような気がするけど
誰だったかな・・・(すっとぼけ)



No.56 オレオレビュー2017

レビューSS14

セルフレビューとは銘打ってるもののただのレビューで終わらず
いろんなksgを堪能できてボリュームも結構あるお得な内容
過去作品のまとめでありながらこの作品自体も
独立した一つの作品として楽しめました
ちびドットのマップ、オブジェクト、キャラ
話しかけた方向でアクションが変わったりとかなり凝ってます

ネタは8割以上ゴメスだった気がするけどいつも通りだNE☆
レビューSS14 2


2018/02/21(水)02:19
4回目だゆぉ~。なんかすっごく俺紅白楽しんでるゆぉ~
前編止まりだけんど重荷から解き放れたからかぬぇ~?



No.48 Frozen Triggers

レビュー13

これが2003製・・・?そういえば以前にも2003製で
これホントにツクールでtkったのか?っていう
謎技術のゲームがちらほらありましたね~

あくまで動作確認のためのお試し版なのですがかなり高いレベルで仕上がってます
銃を打ちまくって先にどんどん進んでいく爽快感がなかなか。
銃を撃ったとき反動で後ろに後退する動きとか(ノックバックていうの?正式名称はわからん)
薬莢とか六発でリロードのリボルバーとか色々凝ってます。
武器の使い方、アクション方法をちゃんと最初の方で
練習させてくれるのは良いですね。大事なことです
SSのおにゃのこ達も含めて完成版が楽しみです

凄く個人的な事だけど最近SWITCHでメタルスラッグをやってたせいで
装備したとき武器の名前を呼ぶSEが欲しくなるw
「ヘヴィマシンガーン」


No.49 タイトルへ

レビュー12

なんでわざわざこれをVXAで作ろうとしたんですかね・・・
2000と違ってVXAはファイルサイズじゃ
内容の予想がしづらいんだよなあ


No.06 XmasのXはサイレンスの×

レビュー11

そういえば紅白ってクリスマスの時期に公開だったんだよね・・・。
もう春がすぐそこまで来てますがな

短い魔王把握を何度も繰り返す内容なんだけど
最初の2、3週のうちはプレゼント15個揃うまで
これからどんどん行動パターンが増えていくものとwktkしてたんですよ
そしてそれらの行動パターンでプレゼントの中身が決まる
フラグを探し当てるゲームだと

でも装備技(行動パターン)は4、5種類で打ち止め。
それでもまだ立ってないフラグがあるんじゃないかと
わざと魔王にやられたりブラインドを攻撃してみたり
色々試してみたんですが・・・

もしかしてこれって魔王把握の内容は関係なく
只のランダムで決まるっぽい・・・?


流石にランダムで決まる上にダブリがあるものを15個全部埋めるまで
リプレイを続けるのは何だかリセマラをやってるような不毛さを感じたので
↓の段階で断念しました。
レビュー11-2

何週したかはもう覚えてません。多分30週近くはやったと思う
プレゼントを全部揃えたら何かしらイベントがあったのかな。あってほしい
ブライアン、魔王のやられ方の変化をもっと見てみたかったので
装備技の種類の数が欲しかったです。





どうでもいいけどブラインドを見て
こいつ↓を思い出したのは俺だけじゃないはず

レビュー11-3




No.33 narrogue

レビュー10-3

将棋の盤面のようなマップをフレイムさんが魔物を避けたり倒したりしながら
進んでいくパズルゲーム
序盤のSECOIシステムの段階でめっちゃ足止めくらったけど
なんとかクリアしたぞ!(SECOI本社?知らんなあ)


ニンジャ=桂馬の動き、鳥は直視を避ける等
各魔物の行動パターンを把握することが攻略のカギでしょうか
まあ配置次第ではハマることも多々あったわけですが。
前方しかガードできない盾の微妙な性能よ。

レビュー10-5

クリア時間は30分ちょいだったけどセーブ&ロードの繰り返しの
無理くりクリアだったので実際は2時間以上かかりました
もしF12縛りプレイだったらどれだけ掛かったことやら

でもやられパターンの文章が豊富だし幕間の会話がいい感じに緩いので
リトライを繰り返す作業の苦痛はある程度緩和されてた気がします
こういった小ネタ的なものを挟むことも
プレイヤーへの配慮として大事な要素ですよね


2018/02/18(日)22:11
3回目。あまり沢山の作品は消化できないけど
せめてレビューその5くらいまでは続けたい



No.68 ワイン:ザ・マスカレード

ブログSS8-1

怪しさとスリルとちょっぴりエロスも含むノベルゲー
ジャンルはミステリーでいいのかな?
登場人物は店長含め一癖ある怪しい人?たちばかり。
読み物としての雰囲気づくりが凄く上手で
プレイ中は実際に薄暗い店内にいるかのような気分でした。

ブログSS8-2

没頭して読み進めてたけど途中までかぁ。続きが気になる~
完成版はしおり(セーブ)を求む



No.44 未定

ブログSS7-2

元ネタの4コマとは違い多分二回とやることは無いタイプのksg
時期的にポプテネタは来ると思ってたけど
内容はほぼただのコピペと予想の範囲内のksgでした
決定キーを押し続けるだけでエンディングを迎えられる親切設計と
文章表示を\>で一瞬表示にしてる点は良心かもしれない



No.28 しろくろヤミライチ!

ブログSS9

囲碁かと思ったら五目並べでござったか
五目並べ対決をしながら話を進めていくまるでぷよぷよみたいなストーリー。
各キャラに特有の能力があるのもぷよぷよっぽい
五目並べといっても5つ並んだら決着ではなく
能力や数珠連鎖を使えば5つ並べなくても勝てたりするので
五目並べをアレンジした別ゲーといった印象でした。序盤は。

ドラゴン戦までは一回もミスなく進められたのですが
死神五世戦で行き詰まり結局ここで10回以上リトライするハメに。
ちなみにこの五世戦でこのゲームは五目並べを模した別ゲーでなく
あくまで五目並べ(5つ並べられたら負け)であることを実感させられ
さらに五目並べであることを前提にしたダメージ計算であることが分かります
ウィンドⅠの能力もだけどよう考えちょるわい

MV製なんだから当たり前なんだけどマウスで遊べるのは楽でいいなあ
各キャラのユニークなデザインの駒も良いね。トリッシュのはドクオみたいw

2018/02/13(火)22:21
2回目だす




No.04 ドラゴンナイトの冒険

レビューSS6-1

これは良いシューティングゲー。ほとんど処理落ち遅延が無いのは何気に凄いかも
各ステージのボスの動きも凝ってるなあ。
ちゃんと各キャラの特徴をとらえた攻撃パターンなのが面白い
最初の魔王把握で四天王が語ってた難易度バランスの話だけど
本作はその点かなり良調整だと思いますよ。
敵を沢山倒してハイスコアを狙うもよし、ライフ維持に専念してクリアを優先するも良し
それでも完全クリアを目指すとなるとハードルが高くなるけど
シューティングって大体難しいのがデフォだからね

レビューSS6-2

シューティングは苦手なんだけどなんとか2-2までは進めました
ボス戦は回避に専念すればなんとかなる。
あと弾を打ち消せる近接武器の使い方も重要のようだね


No.52 Pandemonium Labyrinth

レビューSS4-1

即死→ガメオベア系のゲームってバランスのさじ加減が難しいと思うんですよ
やりすぎるとストレスマッハになるし温すぎてもスリリングさに欠けて面白みが減るし。
この作品はその点どうだったかというと、一部を除けば序盤は良調整だったと思いますよ。
その一部ってのはSSのウィンドⅠのことなんですけどね。狭い通路に追撃トラップはヒドス
理不尽に感じたのはその点くらいでこの先どんなトラップが待ち構えているのか
ヒヤヒヤ&ワクワクな気持ちで進めていったのですが・・・


ランダムエンカウントになった辺りから即死トラップがほぼ皆無となり
後半は別のゲームをやってる気分でした。結局宝箱くらいしかトラップがなく
悪い意味で「よくあるデフォ戦ゲー」化してしまってるんですよね
思ってたのとなんか違うというか。
そのデフォ戦もエンカウント率含めて正直あまり良調整とは思えなかったし・・・。
冗長になる位ならダンジョンの数を減らしてもいいので
序盤で唱えてた死亡フラグゲーを貫徹してほしかったかなあ
ただボスが強い、嫌らしい攻撃を多用してくるのは
死亡フラグゲーというよりただの激ムズデフォ戦ゲーだ


No.22 増補版・死をみつめて

レビューSS5-2

作中ヒワイで下品でグロなシーンだらけでSSをどうするか悩まされた作品
とりま無難なシーンをキャプチャしますた

「引き裂かれたバダール」の作者さんの作品集。
バダールは当時強く感銘を受けた作品でした。今でも印象に残ってます。
タイトル通り死生観をテーマにしたksgがてんこ盛りで
人を選ぶ内容ではあります。
死を軽く扱ってるように見えて実は命の尊さ、唯一さ、大事さを
訴えた作品・・・なのかもしれない
ksgでも自前でイラストをこしらえる溢れんばかりのモチベには脱帽



プロフィール

ろんど弐式(黒糖饅頭)

Author:ろんど弐式(黒糖饅頭)
VIPRPGツクラーやってます。

カウンター

カテゴリ
リンク

最近のコメント
 カレンダー

<< 02
2019
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

02  01  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  01 

Copyright © しゅわっちゃ! All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」